結婚相談所で結婚を考える人の特徴

条件の付け方

結婚相談所では片方だけの意見を一方的に推し進めません。お互いの理想(求めている条件)を照らし合わせ、それに見合う人同士を紹介します。そのため無茶な理想だけを登録していると、見合う相手はいつまでたってもみつかりません。婚活サイトの場合は情報がそのまま埋もれてしまうだけですが、結婚相談所の場合はアドバイスという名の進言が入ります。バブル時代に3高という言葉がありましたが、そのようなことを記していては相手はみつかりません。 3高とは高身長、高学歴、高年収であり、それに合わせ年齢制限をいれると、見合う人などいないのです。高年収の人は高年齢であることが多く、身長や学歴は関係ありません。またある程度条件が良い人は、当然相手に対しても条件が高くなります。極端な話ですが、自分の経歴は自慢するポイントがないのに相手にだけ高い条件をつけても、パートナーはみつからないのです。 この条件は何も身体的な特徴や年収だけとは限りません。社交性や趣味や特技など様々なものがあります。自分に合った自分磨きをみつけ、それを向上させるなどの努力は行ったほうが有利だといえるでしょう。結婚相談所は人間が直接受け付けてくれます。厳しいことを言われるかもしれませんが、それが現実だと受け止め、着実に結婚に向かい歩んでいけるのです。